iPhone、iPadユーザーには、スマホケースやガラスフィルムよりもこれが人気!【結論】ガラスコーティングが人気

【結論】
 
iphone、ipad、macbook、Applewatchなどを使うAppleファンにはガラスコーティング施工が人気です。
 
理由はスマホが本来持つ美しく洗練されたフォルムを一切損うことなく画面が6倍割れにくくなるからです。
 
zipや王様のブランチでスマホ画面をトンカチで何度も叩く映像が話題になり、人気になりました。
 
 
<記事本文>
 
iphoneやipadユーザーの多くは「スマホケースやガラスフィルムを付けるとダサくなるから嫌だ。しかし画面割れも心配。」という方も多いのではないでしょうか?
 
ガラスコーティングはそういう方々にとても人気があります。
 
なぜかと言うと、スマホがもつ美しいフォルムを全く損なわずに、スマホケースやガラスフィルムを付けなくとも画面割れを強力に防ぐことができるからです。
 
ガラスコーティング施工は僅か0.02mmという目に見えない程の極薄層構造にも関わらず、スマホ画面が6倍割れにくくなるという驚異の性能です。
 
そのため、スマホケースやガラスフィルムを使わずに済みます。
 
その驚異の性能が話題となり、zipや王様のブランチでも紹介され、人気になりつつあります。
 
また、なぜ、僅か0.02mmにも関わらず非常に割れにくくなるかと言いますと、
 
防弾ガラスの技術をスマートフォンに応用しているからです。
 
ガラスが割れやすい原因というのは、もともとガラス表面にマイクロクラックという目に見えない位の微細なヒビが無数にあるのですが、
 
そのマイクロクラックが起点となってしまうから弱い衝撃でも割れてしまうのです。
 
しかし、ガラスコーティングを施工すると、その微細なマイクロクラックを埋めてしまうのでガラスが割れる起点が無くなり、非常に頑丈になるのです。
 
さらに、マイクロクラックが埋まるだけでなく、スマホ本体のガラスと強力な硬度をもつコーティング剤が画面表面付近で融合されることで強力な靭性も併せ持つようになります。これも強度が増す理由の一つです。
 
そして、スマホやタブレットにはそのガラスコーティングを3回重ね塗りします。
 
そうすると、ガラスコーティングが層構造を形成し、硬化すると石垣構造に変性します。
 
石垣構造ですと、スマホ画面への衝撃を広く分散させる作用が生まれ、非常に割れにくくなるのです。
 
その為、僅か0.02mmの薄さにも関わらず、未施工の6倍、ガラスフィルムの3倍という驚異の性能になるのです。
 
 
この様に、防弾ガラスの技術の粋がスマホに活かされているのです。
 
さらに、このガラスコーティング技術は改良が重ねられ、今では、
 
抗菌、抗ウイリス、防臭、電磁波低減などの効果も付与されています。
 
また、指紋や汚れがつきにくくなるのも喜ばれています。
 
 
もし、興味がある方は、日本最安保証かつ日本唯一の1年保証が付いているこちらをご覧ください。