スマホケースを使いたくない!けど画面割れも心配!【結論;ガラスコーティングが最適】

【結論】
ガラスコーティングが最適です。
 
フォルムの美しさと画面割れ防止を両立できます。
 
その驚異の性能からzipや王様のブランチでも紹介されておりますので人気があります。
 
日本最安で1台3000円でプロに施工してもらえます。
 
 
<記事本文>
 
スマホやタブレットにスマホケースやガラスフィルムを貼りたくないという方はかなり多いです。
 
スマホやタブレットの美しいフォルムが損なわれますし、かさばる上に、汚れも付きやすくなるからです。
 
しかし、スマホやタブレットは高価な製品なので、画面割れも心配な問題です。
 
 
ガラスコーティングはその問題を解決しています。
 
 
ガラスコーティングは薄さ0.02mmという肉眼では分からない程です。
 
しかし、その強度はガラスフィルムの3倍、未施工の6倍の割れにくさになります。
 
あまりにも薄いので、見た目が変わりません。
 
その為、スマホが本来もつ美しいフォルムをそのまま活かすことができ、とてもスタイリッシュです。
 
なのでスタイリッシュな製品が好きなiphoneやipadユーザーには特に人気があります。
 
これらの驚異の性能から、zipや王様のブランチで紹介され反響が増えています。
 
・日本テレビzip 2019年7月19日放送 ロバート秋山の先月の売上No1を当てる!コーナーにて紹介
 
 
・TBS 王様のブランチで紹介 2019年6月22日放送
 
『集団左遷』でおなじみ別所哲也さん・小手伸也さんがスマホガラスコーティングを体験してる映像がテレビ放送されました。
 
 
 
また、以下の動画のようにスマホやタブレット画面が強化されます。

 
更に、ガラスコーティングは防臭、防菌、電磁波低減作用も確認されております。
 
傷にも強くなりますし、汚れも落ちやすくなります。更に指紋も付きにくくなります。
 
 
<価格の比較>
 
ガラスコーティングの施工価格は日本最安で1台3000円(税込)です。
 
スマホケースの価格は100円から10000円とかなり幅があります。
 
ガラスフィルムの価格は800円から2000円ほどになります。
 
ガラスコーティングは一度施工してもらえば3年以上効果が持続します。
 
ガラスフィルムは割れると、貼り直しが必要です。そして複数回貼り直す方は多いです。
 
貼り直しの費用を考慮すると、長期的にはガラスコーティングの方がお得になるかもしれません。
 
また、
 
スマホケースと比較すると「安ければ何でも良い」という方はスマホケースが良いでしょう。
 
ただ、スマホやタブレットは、
 
毎日使うものだから少しお金を出しても良いという方はガラスコーティングが最適と思われます。
 
 
もし、日本最安でガラスコーティングを施工してほしい方はこちらをご参照下さい。